ワンランク上のホームページページ作りテク

ターゲットに合っているかどうかが大切です

ホームページを作る際、どういった年代や性別の人をターゲットとして想定し、何を伝えて行くのかということは、きちんと考えていると思います。それらをしっかりと反映させる形でホームページを作っていくことが前提となりますが、更にワンランク上を目指すなら、デザインやレイアウトはもちろん、文面の口調などにも気を配りたい所です。
ターゲットとなる人たちに、馴染みがあり、且つ受け入れられる形のデザインや文面になっているのか、ページを変えた瞬間に、違和感を感じてしまうことがない様、一貫性が保たれているのかといった点は、思っている以上に大切です。大抵の場合、あれこれと深く分析してホームページを見る人はいません。何となく良い感じがすれば目を通してもらえる確立は上がりますし、情報が分かりにくければ、閉じられてしまうこともあります。ターゲットに合ったものを提供出来ているかどうかが大切です。

長さや量、質にも拘ることも忘れてはいけません

ホームページを作る上で、きちんと考慮したいのがページ数です。ページ数が多い方が情報量が豊富で、大きなサイトという印象を与えられるかもしれませんが、必要以上のページ数は、読み手を迷子にさせてしまう原因にもなりかねません。情報の取捨選択はもちろん、その配置にも気を遣うことが、ワンランク上のホームページを作るコツです。
同じページにあった方が分かり易い情報もあれば、別々のページにしてリンクを飛ばした方が見易い場合もあります。どういった見せ方をすれば分かり易いのか、情報の質を磨き、効果的に活用することが大切です。また、良質な情報でも量が多くなれば、読み手には負担になってしまいますので、長さやバランスといった面も拘って考えることが必要です。