他と差をつける!ホームページの作り方

トップページは見やすく作ることが大事

ホームページをアクセス数の多いものにするためには、トップページを見やすく作ることが大事です。
トップページからサイト内の殆どのページにアクセス出来るように作るのが理想的ですが、ページ数が多い場合にはそうは行きませんから、たどり着きやすいようにサイトマップを作っておくことも大事です。ホームページにアクセスする人は、そのページにどの程度の情報があるのかをしっかりと見ていますから、アクセス数を上げるためには必然的にデザインにこだわりを持つことが鍵となります。無意味に華美なページを作る必要は全くありませんが、しっかりとレイアウトと見やすさなどを考えながら作ることはサイト運営で一番重要なことですから、工夫しましょう。

文章だけでなく画像も活用する

個人向けサイトでもECサイトでも文章だけのページだと見ていて飽きが来てしまいますから、必ず画像も活用するようにしましょう。特に商品紹介などを行う場合には、様々な角度から撮影した画像を掲載することで、消費者に対して訴求力のあるサイト運営が可能です。
個人のページでコンテンツ運営をしていく場合でも、画像の有無によってページ別のアクセス数が若干変わります。文章だけの説明ではなかなか定期的に訪問してくれる人をつかむのが難しい場合がありますので、適宜イラストや画像などを活用するのが良いでしょう。ホームページ用の画像はフリー素材や有償で商用利用が可能なものなど、たくさんの画像がありますから、お好きなものを使うと良いでしょう。

ホームページ作成の実績のある業者を選ぶことで、たとえ初心者であっても魅力のあるウェブサイトを作ることができます。